純碁 10分で覚えられる囲碁

Home

純碁の遊び方(ルール)

「純碁」は最初7路盤を使います(時間に余裕があるなら、もちろん9路盤でもかまいません)。

ルールはこれだけです。

【ゲーム目的】
最後、盤上にある石を数え、多いほうが勝ちとなります。

(1) 交点に黒から交互に一手ずつ打っていきます。

(2) 味方の石どうしは、線を通じて隣接すれば、つながっていることになります。

(3) 石を取るルール
  A 相手の石やそのつながっている一団を自分の石で囲めば、その石を取ることができます。
  B あらかじめ囲まれている場所は、相手の石を取るとき以外打てません。
  C 取る、取られることが繰り返されるカ所は、相手が取った後、すぐには取り返せません。

(4) 打ちたいところがなければ、パスできます。
  (パスした後でも、相手が打てば、また打つこともできます)

(5)両方続けてパスすれば終局です。最後、盤上にある石を数え、多いほうが勝ちとなります。

純碁のルール説明


以下、図入りで簡単に説明します。

【ゲーム目的】 最後、盤上にある石を数え、多いほうが勝ちとなります。

(1) 交点に黒から交互に一手ずつ打っていきます。
純碁ルール説明図1
 
(2) 味方の石どうしは、線を通じて隣接すれば、つながっていることになります。
純碁ルール説明図2   aやbの黒石どうしは、それぞれつながっています。
cの黒石どうしは、つながっていません。
 
(3) 石を取るルール
  A 相手の石やそのつながっている一団を自分の石で囲めば、その石を取ることができます。
純碁ルール説明図3   黒aと打てば、それぞれ、白石を取ることができます。
純碁ルール説明図4   それぞれ、取った後は、このようになります。
黒aと打った人が、相手の石を盤上から取ってください。
 
  B  あらかじめ囲まれている場所は、相手の石を取るとき以外打てません。
純碁ルール説明図5   黒にとってaはあらかじめ囲まれている場所なので、黒はaには打てません。
純碁ルール説明図6   しかし左図の場合、黒は相手の石を取れるので、aに打つことができます。
 
  C  取る、取られることが繰り返されるカ所は、相手が打った後、すぐには取り返せません。
純碁ルール説明図7   黒はbと打って、白石aを取ることができます。
純碁ルール説明図8   しかし白はすぐにaと打って、黒石bを取り返すことはできません。
 
(4) 打ちたいところがなければ、パスできます。
  (パスした後でも、相手が打てば、また打つこともできます)
 
(5) 両方続けてパスすれば終局です。最後、盤上にある石を数え、多いほうが勝ちとなります。
純碁ルール説明図9   この図の場合、
黒は24個、白は21個。
黒の3個勝ちとなります。


「碁盤PDF」と「純碁ルール説明書」のダウンロード

碁盤PDF   「碁盤PDF」のダウンロードはこちら
 ※「碁盤」の最新版をアップしました(2019/2/22)
純碁ルール説明書   「純碁ルール説明書」のダウンロードはこちら


↑ PAGE TOP